BLOG

江戸東京博物館

スカイツリーに続いては近くだったので江戸博物館にも行ってきました。

image4.jpg東京都江戸東京博物館 竣工1992年11月
設計:菊竹清訓
延床面積:48001平米
















IMG_0762.jpgもはや笑うしかないレベルの大空間。
あまり活用されていない感じですが普通に小学校の運動会ができる位のピロティ
半屋外ですが都内でこのクラスのイベント会場はないでしょうね。
62mの階高は江戸城の天守閣の高さに合わせて決められたってホントだろうか?
















image3.jpg自邸(スカイハウス)も4本の壁柱で浮いてますが規模が違いすぎる。
防災広場の機能として利用される事も考えると大都市の機能の一つとしては大変有効な建物。そう思うと東京は都市機能として戦争や大地震を経験した考えや発想がある様に思える。








IMG_0765.jpg展示空間に上がるエスカレーターは外から見ると少し違和感がありましたが小さい頃に連れて行かれたポートピア万博をなぜか思い出しました。


















image111.jpg展示室の内部も大空間で実物大で再現された芝居小屋や完成度の高い模型で江戸から東京に発展して行った歴史や時代背景が解説されています。
また、外国人も多くボランティアの方が丁寧に案内してる印象です。
ブラタモリなど好きな人なら一般600円で十分楽しめます。















image1.jpg時間帯によっては大道芸などが始まり実物大で再現された日本橋の上かも見物している風景はなかなか素敵な仕掛けです。

















IMG_0775.jpg











正直まだまだ行きたかった場所などもありましたがあいにくの天候と時間のなさでこんな感じです。
住んでる時は何時でも行けるからと思いがちですが行ける時に行かないとね。



obatake

東京スカイツリー

この日の東京はずっと雨で降ったり止んだりでしたが朝から行ってきました。

image5.jpg下からはこんな感じで展望デッキには雲がかかってないから大丈夫かな?



















image22.jpgデーン。
残念ながら墨田川を少し越えたくらいまでしか見えません。
辛うじてフィリップ・スタルクの觔斗雲が見えます。
雨の日はこんな感じです。

ちなみにエレベーターで350mを50秒ってすごくないですか?
ブレーキはどうなってるんだろうと感動すら覚えるくらいスムーズに。
私は耳もキーンとせずに上れました。












image6.jpgお盆明けでしたが天候も良くない事もあり350m展望デッキはこんな感じです。
当日券でしたが待ち時間もほぼなく上がる事が出来ました。
450m展望回廊も追加料金で上がれるのですが雨だとこれ以上の景色も期待出来なさそうなのでまたの機会にチャレンジしたいと思います。
晴れの日はさぞかし爽快でしょう。
どうしてもこの時間に必ず行きたい方はHPに日時指定券もあるみたいです。















雨だとそんな感じか〜と思われた方は、お土産ショップなど外国人が喜ぶ日本的な物も多く扱ってたりするので廻って見るも良し
または、近くにすみだ水族館あるのでこちらで楽しめますよ。ちなみにフードパークで昼食をしましたがなかなかの混雑ぶりでした。


obatake



久々に東京へ

1週間前に行く事が決まり、しかもお盆の時期とも重なり航空券やホテルどうかな?と思ってましたが帰省ラッシュとは逆方向だったので意外とすんなり行けました。到着してからチェックインまで時間があったのでなぜか渋谷へ向かってみました。

image11.jpg渋谷ヒカリエ !
住んでいた頃に地下の工事がスタートしたくらいだったかな。
建物にはさほど興味はありませんが展望ロビーがあるみたいなので上ってみる事に。
















image122.jpg渋谷ヒカリエは低層部に商業施設、中層部にシアター・ホールと展望ロビー、高層部はオフィスと高層複合施設です。
取りあえず展望ロビーまで上がってみると渋谷駅付近の再開発の模型が展示してありヒカリエより高いビルがまだ建つのかよ!

渋谷は公園通りのパルコの建て替えや駅前付近も工事中だらけで、地下に至っては降りるとますます迷路なんで地上に上がって動いた方がわかりやすい。
しかし、この風景もオリンピックの頃には新しい渋谷として誕生してるんだろうね。














image44.jpgそして、翌日は打合せ前に国立競技場の工事現場を見に行ってきました。
東京のド真ん中に巨大なクレーターって感じでなかなかの迫力の現場ですがどんな感じになるのやら。









image33.jpgザハ案を想像しながら。

建てる前からニュースや普段は建築に興味のない人達が熱心に建築のあり方が話されている事はいい事だと感じました。









ホント、東京の至る所で大規模な工事が行われていて
地方で建設関係の人が足りなくなる訳がわかった様な気がしました。


obatake



スタジアム探訪8

今年、初のサッカー観戦はJ3のギラヴァンツ北九州 VS セレッソ大阪U-23試合をミクニワールドスタジアム北九州で。

博多からローカルでゆっくり行くのもいいですが今回は新幹線よかよか切符で行ってきました。
小倉駅からスタジアムは屋根付きの歩道を通って少し歩きます。サッカーの盛り上がりがもう少しほしいかな。

CIMG6980.jpgここか!すごく新しい。。。











CIMG6978.jpg思ってたより全然並んでます。











CIMG6987.jpgコーナー近くの最前席を確保。
ピッチと席のレベルはほぼ一緒。










CIMG6988.jpgサガン鳥栖のスタジアムより少し小さいイメージ。
収容人数は15000程みたいです。










CIMG7002.jpg2階席からも十分試合が楽しめると思います。











CIMG7003.jpgバックスタンドは2階席がないので噂の海もこの距離です。
この日は風は吹いていましたがあまり潮風のにおいもなく。
2階席から海が見えるのがこのスタジアムの特徴ですよね。
でも、収容人数増やす時は2階を設置するのだろうか?








セレッソ大阪U-23で年齢制限があるチームなので前半はテクニックでかわしながら互角に渡り合えてたけど
後半は体格、体力の差が出ていた様な感じかな〜。上のリーグではこのような対戦はないので貴重な観戦でした。


そして近くには、学生の頃を思い出す建築物が。
築年数の割に意外とキレイな状態でメンテナンスが行き届いていると感じました。

CIMG6979.jpg北九州国際会議場 竣工1990年
設計:磯崎新/磯崎新アトリエ










CIMG6977.jpg西日本総合展示場 竣工1977年
設計:磯崎新/磯崎新アトリエ










他にも近くでイベントがあったのか、人も多く出店もあったりと
J2の頃に行ったサガン鳥栖試合と比べるとずいぶんにぎやかな印象でした。
J1にあがれば便利なスタジアムだしもっと人が来るだろうな。


obatake

玄関庇

昨年ですが宇佐の家の玄関庇が出来上がりました。

出来るだけシンプルな構成でお寺の玄関らしさを出せる様に考えました。

敷地の関係でクレーン車が使えない事もあり手運びで組み立てられる様に重さを考慮。
ロの字型に組んだアングルを3つを組合せた架台と、溝形鋼とFBで組んだ屋根をのせた鉄骨の骨組みとし
その後に透明のポリカーボネイトの屋根、木製のルーバーを入れ完成。
中庭にある北門と対としての考えもあり鉄骨は亜鉛メッキ、化粧垂木をイメージした木製のルーバーとしました。


6847.jpg正面玄関



















31.jpg中庭の北門




















obatake

本年もお世話になりました

昨日は今年最後の現地調査と打合せを行いました。
数年前に盲腸手術をして以来、胃腸の調子が悪くなる日が1〜2年程度に一回有りシクシクと地味に痛みます。
昨日は午後から兆候が現れ夜がピークだったので、打合せは十分に行え助かりました。

俵・小畠建築設計事務所は本日12月29日の大掃除にて仕事納めで、来年1月5日が仕事始めとなります。
12月30日〜1月4日まで申し訳ありませんが正月休みとさせて頂きます。

本年は大変お世話になりまして誠にありがとうございました。
皆さまにおかれましては、どうぞよいお年をお迎えください。

20161229.jpg

スタジアム探訪7

お盆前に友人とサッカー観戦に行ってきました。

お盆前ですが既にお盆休みの方が動き出してるので渋滞を心配して少し早めに動いたのですが特に目立った渋滞もなくすんなり山口着。

初めて聞いた名前ですが、維新百年記念公園ってなんか強い名前。
園内にある陸上競技場は地元レノファ山口FCのホームスタジアム

CIMG6828.jpg競技場が見えてきた!なんか新しい











CIMG6833.jpg近年、国体があったからその時に整備されたのかな?
収容人数は約2万らしい。










CIMG6835.jpg夏の夕暮れと虫の鳴き声とゴール裏の芝生。最高、最高。











CIMG6839.jpg地元のプロチームを応援しようとユニフォームを着たおじいちゃんおばあちゃんがお盆に遊びにきた孫を連れて見に来てたりとなんかほのぼの。










CIMG6840.jpgこの日はチケットほぼ完売で当日券を求める人もいたからにぎわってました。











CIMG6842.jpg試合が終わって選手達がサポーターへ挨拶。











スタジアム雰囲気も良かったです。
便所数は近場でもう少し数があれば。。




obatake

最近買った本

本屋に立ち寄った際にたまたま目に留まり表紙の写真に惹かれて買ってしまいました。



CIMG6797.jpg「アルヴァル・アールト 光と建築」はアールト、北欧の建築と光の関係性がわかりやすく解説されていています。
ヴオクセンニスカの教会の解説と写真が本当に良かったです。



この本を読んで探した「GA ヨーン・ウツソン バウスヴェアーの教会」
ヨーン・ウツソンはシドニーのオペラハウスを設計した建築家。
外観にインパクトがある建物ですが、内観とのギャップがなんともいえません。
内部写真がもっと見たいと思って買いましたが内部はあまり掲載していませんでした。



これらの本に紹介されている建物すべての窓の形状や大きさについても興味深いですが
時間や方位、角度により設計された開口部からの光の取り入れ方や光が当たる場所の考え方についてはあらためて感心させられます。

ああ、ヴオクセンニスカの教会行ってみたい。


obatake

納まり

現場にて納まりの打合せを行いました。

IMG_6859.jpg室内も仕上がってきました。




















IMG_6860.jpgクロスを貼ればもっと明るくなるので
明るく開放感のある空間となるでしょう。



















RIMG0551.jpg造作の納まり等の打合せを行いました。












RIMG0549.jpg












RIMG0555.jpg












IMG_6856.jpg
























tawara

リビングの壁

CIMG7690.jpg先日の打合せ後、飾り棚がほしいとお話が出たのですが、、、

設計時なら可能な横長スリット的なものは筋交のある施工時では難しく
筋交の無い部分にニッチを何段かとっても事務的なので

大きさ、位置等もランダムなニッチを急遽提案。
金額的にもご承認頂き施工となりました。







tawara

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ