BLOG

< Wasabi  |  一覧へ戻る  |  基礎 >

出雲探訪 

この時期になんですがGWの野球観戦前日に出雲大社に行った事をUPします。

この歳になって初めてとは恥ずかしい限りですが出雲大社に参拝する事が出来ました。
御本殿の写真ではありませんが出雲大社庁の舎をチラリと、むしろ私の興味はこちらにあったのかもしれません。



CIMG6491.jpg出雲大社庁の舎 1963年
設計:菊竹清訓










CIMG6479.jpg焼失した木造の庁の舎を防火、耐震、耐食に優れたRC造(PC工法)復興



















CIMG6487.jpg出雲地方の稲掛けをモチーフとした外観。
柱と柱をつなぐ47mにも及ぶ大スパンの架構(梁長1.8m 幅0.4m)










CIMG6489.jpg稲架(はざ、稲掛け)をイメージした壁面のデザイン












残念ながら内部には入れませんでしたが建てられてから50年あまり経過したこの建物の存在を改めて考えさせられます。
この建物をちゃんと解説出来れば建築についてのいろんな疑問について答えれるような気がします。

他にも島根、鳥取には多くの菊竹作品が点在していて出来れば全部廻りたかったのですが
建築見学ツアーではなかったので次回行く機会があった時に廻りたいと思います。

まだ、初詣を検討中の方は福岡からは近くありませんが是非、検討してみてはいかがでしょうか。


obatake

カテゴリ:

タグ:

< Wasabi  |  一覧へ戻る  |  基礎 >

同じカテゴリの記事

ウサタン

竣工写真の夜景を撮影する合間にて。

CIMG5824.JPG現場監理で来ている時は余裕もなく来て帰るだけでしたが、宇佐市周辺の気になる場所や建物を廻ってきました。













CIMG5825.JPGダブルテンポ 竣工1999年
吉村靖孝建築設計事務所

ガラスのファサードにドットで看板を表しています。











CIMG5828.JPG掩体壕(えんたいごう) 竣工1945年

掩体壕は戦時中、飛行機を隠す為の施設ですが現在、家の倉庫的に使われているみたいです。
周辺にいくつか点在しているようですが近くで見ると意外とデカイです。







obatake

コクタン2

打合せ後、友人と食事にと久しぶりに降りた小倉。
前から気になっていたこの看板だらけのテナントビル。

CIMG3840.jpgONOビル 竣工1961年
設計 竹中工務店

約50年前から小倉駅前にあることになる。今は看板だらけでわからないが所々デザインを感じる部分が垣間見れる。

アールが付いたバルコニーに横長の連続窓。
外壁を薄くし、バルコニーとの間にスリットを入れたりと同時期に建設された天神ビルや小倉ホテル(旧小倉日活ホテル)など外壁に窓型を配置していく重厚感のあるデザインと異なり当時としてはスッキリとした外観が目立っていたのではと想像します。




obatake


カゴタン

連休に来福した北海道の友人達に連れられて?鹿児島観光。

CIMG3399.JPG鹿児島県立歴史資料センター 黎明館 竣工1983年
設計:谷口 吉郎













CIMG3403.JPG柱から軒裏の見上げ。
約30年か~、良く手入れされています。













CIMG3405.JPG避雷針?














CIMG3404.JPG敷地内に敷かれた石。(石種がわからないので今度調べてみようと思います)
隅々まできれいに割り込まれてとてもきれいです。













九州で設計された建物はこれだけでしょうか?上野の東京国立博物館東洋館に行った事を思い出します。



obatake

中津探訪

GWに10年ぶりに訪ねてみました。

理由はありませんが私は近くても遠くても前に見た建物を何年越しかに、また見に行きたくなる時があります。

CIMG2368.jpg中津市立小幡記念図書館 1993年
設計:槇 文彦/槇総合計画事務所

知ってる人には有名なショットですよね。











CIMG2369.jpg完成してから18年近く経つとさすがに。。。














CIMG2372.jpg周囲にお寺が多い事が関係しているのか建物は低く抑えられ外壁にはめずらしくリシン吹き付け仕上が採用されています。
また、Rの屋根はお寺の屋根の堅い感じと対比して、ゆっくりと街並が変化してる様に感じました。











nk-03.jpg内部の写真は10年前に撮った写真をスキャンしたのですがうまくいかないな~。












nk-13.jpg












GW期間でしたが自習してる学生やお年寄りなど幅広い年齢層の方に利用されてる様でした。



obatake


諏訪タン(番外編)

53.jpg













52.jpg












51.jpg












ド~ン

この写真を見て設計者、建物名がわかる方はかなりの人です。
過去に撮った写真をデータ化してる時に見つけた建物。

50.jpg玄関ホールの照明













47.jpgホール・ホワイエ












46.jpg























28.jpg劇場と天井見上げ(屋根の形がここでも繰り返しデザインされている)












29.jpg












48.jpg












CIMG2284.jpg正解は
諏訪市文化センター(北澤会館)1962年
設計:吉田五十八






















専門誌でも諏訪市文化センターの記事、写真などが掲載された物を私は見た事ないので知らない人も多いのでは?

「北澤会館」設計して 吉田五十八

この「北澤会館」の特色は、舞台機構にある。
即ち、平常の舞台の間口は六間(11.2m)であるが、一たび演出の都合によってより広い舞台が必要とあれば左右の花道がたちどころに舞台に早変わり十四間半(25.6m)の大舞台が現出して大乱闘でも大ミュージカルでも、立派に演出出来るのが新機構の特色である。

ー東京の歌舞伎座の舞台巾が十五間だとすると、余り大差はないー

日本以外に、花道と云うものをもたない外国の舞台機構から云えばこれは世界で初めての試みかも知れない。

またこれにともなって三つ折りの屏風型の大緞帳が両花道まで全面的に下り照明室も揚幕も緞帳のなかにすっぽり這入て仕舞うことも珍しい仕掛けでこの三方掛けの緞帳と云うものも外国にはその例をみない。

以上のような変た舞台機構をつくるために舞台と観客席を斜めに云いかえれば、対角線型にとったことも異例ではあるがそれと同時にスペースの無駄がほとんどなくこの程度の劇場では絶対にとれない筈の廻り舞台が取りつけられたことも対角線型のプランの利得と云うものであろう。

(劇場について頂いた資料より抜粋


和洋折衷的な舞台装置が当時としてはかなり意欲的な劇場(多目的ホールの先駆けか?)だった事が伺えます。

建物外観からは水平線(諏訪湖)を意識しその上にのった少し中心部がずれた方形屋根(周囲の山に似せて)が周囲の景色に良く馴染んでいてとてもすがすがしい建物だった印象があります。



obatake

このページのトップへ